ママと赤ちゃん

赤ちゃんがいるなら尚更洗濯には注意が必要

肌への影響を考えて

服

赤ちゃんは大人と違って肌がデリケートであるため、衣服を洗濯する際にも注意が必要となります。洗濯に使用される洗剤には添加物が含まれていることもあり、そういった添加物はアトピー性皮膚炎の原因となってしまうこともあるのです。無添加洗剤を選ぶことでそういったトラブルを防ぐことが出来ます。

安全な洗剤を選ぶ

タオル

デリケートな赤ちゃんの肌に触れる衣服は、専用の洗剤で洗濯するのが最も安心です。そして、その赤ちゃん用洗剤を比較し、選ぶポイントは、成分表示を見ることです。最も簡単なのは、「無添加」と表示がある洗濯洗剤を選ぶことです。そして、もう少し選択肢を増やしたい場合は、「蛍光増白剤の有無」と、「界面活性剤に何が使われているか」を確認します。まず、蛍光増白剤とは、毎日の洗濯で衣類を白く保つための成分です。これは、漂白された綿繊維を使った大人の衣服には有効ですが、赤ちゃんの衣類は無漂泊のことが多く、そもそも必要ありません。むしろ肌への刺激になりうるだけと言えますから、洗剤を選ぶ際は、この成分が入っていないものを選びましょう。そして、もうひとつの界面活性剤は、汚れを落とすための洗剤の主成分です。これには、天然界面活性剤と、合成界面活性剤の2種類が存在しています。前者は「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」、あるいは「石けん」のついた名前の成分で表示されているもので、いわゆる石けんのことです。そして、後者は「合成洗剤」とも呼ばれ、石けん以外の全ての界面活性剤が該当します。こちらは前者に比べて洗浄力が高い反面、すすぎ残しがあると肌への刺激になりやすいので、赤ちゃん用の洗濯洗剤としてはあまり向きません。以上のことから、赤ちゃん用の洗剤に適しているのは、蛍光増白剤が使われておらず、洗浄成分に石けんを使用したもの、ということになります。

肌に優しいのが特徴です

女性

赤ちゃんのいる家庭におすすめなのが、赤ちゃん専用の洗濯洗剤です。赤ちゃん専用の洗濯洗剤は肌に刺激となる合成界面活性剤や合成香料といった化学物質を利用せず、天然成分で作られているので安心です。また一般的な洗濯洗剤と比較しても洗い上がりに遜色がないなど、高い洗浄力も期待することができます。

汚れをきれいに落とせます

洗剤

ベビー服は赤ちゃん用の洗濯洗剤の使用がおすすめです。赤ちゃん用の洗濯洗剤なら肌に優しい成分で作られているので、アトピーや肌荒れなどが出やすい赤ちゃんにも安心して使用できます。またお湯での手洗いや浸け置き洗いなど工夫した使い方をすれば、気になるうんち汚れや黄ばみなどもきれいに落とすことができます。